女性コンサルタントのブログ

心地よい場をつくる秘密 〜世界観を創りだす〜

仕事で間接的に関わった方が

古民家カフェを営業していらっしゃると聞いて、

行って来ました。

 

オープンして確か、まだ3ヶ月くらいのはず。

 

店主がひとり、
静かにコーヒーを入れてくださいました。

 

カウンター席ふくめ、15席くらいの小さな店舗。
コーヒーもスイーツもとっても美味しくて、
そしてとっても居心地のいい空間だったのです。

 

初めて訪れたカフェ、
まだ店内に未完成の部分も見えます。

 

それでも居心地がいいのは
何が、心地よく感じさせるのだろう?と
きょろきょろ見渡しました。

 

まず全体を見渡して感じたことは、
木の木目が生きた内装や家具と
店主の醸しだす雰囲気がマッチしていること。

 

それから
置かれた植物や飾られた小物、
ロゴマークやメニュー表、
販売用のクッキーやコーヒー豆のパッケージ、
そして、店内で流れる音楽も

 

ゆるーい雰囲気で、〈調和がとれて〉いること。

 

そう、全てが〈調和がとれて〉いて
〈心地よい場に〉なっているのです。

 

 
 

 

決して大きな店舗ではありませんが
全ては、このカフェの〈世界観〉だなって。
 
この場合の〈世界観〉とは
看板・販促ツール・内装・器・接客・音楽など
お客様が触れるものが、
違和感なく〈調和がとれて〉いるということ。

 

調和がとれる、とは
〈心地よい場になる〉ということ。
心地よい場は
〈お客様のために〉必要で
お客様のために
〈世界観〉を創りあげることは大切
・・・ということに、今更ながらに気がつきました。

 

どこかが崩れると
それは〈違和感〉となり
違和感は、居心地のよくない
状態をつくってしまう・・・
(そういえば、あのお店…っていうお店もあります)

 

とっても基本的なことなのですけど、
これってお客様への「おもてなし」にも通じるところがあり、
シェア。