女性起業塾

女性起業塾

起業初心者でもあなたにぴったり合った方法で

お客様に喜ばれながら自分らしく

ビジネスを軌道に乗せたい方へ。

 

 

 

■第13回ベンチャーカップビジネスプランコンテスト優秀賞受賞

■経済産業省ウーマンミーティングinTOKYO2016登壇

■経済産業省 女性活躍推進基盤整備委託事業「平成29年度女性起業家等支援ネットワーク構築事業」広域関東圏女性起業家サポートネットワーク 構成機関

■経済産業省 女性活躍推進基盤整備委託事業「平成30年度女性起業家等支援ネットワーク構築事業」広域関東圏女性起業家サポートネットワーク 構成機関

■経済産業省 女性活躍推進基盤整備委託事業「平成30年度女性起業家等支援ネットワーク構築事業」広域関東圏女性起業家サポートネットワーク 認定アドバイザー2018

■光文社CLASSY.2018年10月号掲載

キャリア・ジョセフィーヌ
関優子の女性起業塾

「起業に興味はあるけれど、何をしたらいいのかわからない・・・」
そんな悩みを抱えてスタートできない初心者起業の方、

この女性起業塾はあなたのためのものです。

 

「商品はあるものの、セールスの仕方がわからない」

「ブログやメルマガを書いてもお申込につながらない」

「頑張っているのに成約できない」

 

あなたが一生懸命やっているのに、あまり変化を感じられずに

悩んでいるのなら、この女性起業塾がお役に立てるはずです。

 

プライベートレッスンで自信がつき、

起業家として人生が輝きはじめるとしたら・・・。

女性起業家としての人生をグレードアップさせたい方のための起業塾です。

 


こんどこそ、夢を実現できる「わたし」になる。

 

あなたの「起業」は今の平行線のままで良いですか?

何もしなければ一生変わらない・・・。

 

誰でも起業できる時代になったけれど・・・。
このようなお悩みはありませんか?

  • ■ブログやフェイスブックの投稿に「いいね!」はつく。けど、お申し込みはまったく入らない。
  • ■セミナーや体験セッションを開いても継続コースの成約にはつながらず、売上もあがらない
  • ■同業者との違いがうまく出せていない。もう、今までの知り合い中心の集客方法から脱け出し、ネットで集客できるようになりたい。
  • ■集客に費やしている時間が多過ぎて、いつも時間に追われている。自分の学びや家族と一緒に過ごすゆったりした時間が欲しい

今こそやってみませんか?

ビジネスの土台に取り組むことで、確実に結果が出るようになります。

うまくいかない理由は、一人ひとり違うはず。

まずはあなたの問題を明確にしてみませんか?

起業のお悩みは千差万別です。

あなたに必要なのは、「明快なビジネスコンセプト」なのか、「売れる商品」なのか、「自分に合った集客導線」なのか。はたまた、「マインド」なのか、「環境」なのか、「スキル」なのかなど多岐に渡ります。

  1. 明確なビジネスコンセプト
    同業他社がひしめく中で、「●●認定コーチ」「●●カウンセラー」といった看板だけで選んでもらうのは難しいのが現実です。
    そこで、「差別化しなきゃ」と思い、新たな資格を取ってメニューを増やす人も多いのですが、
    自分自身の「価値」をハッキリ打ち出せていないので、なかなか集客につながりません。
    また、目立つために無理めなキャラクター設定をして、息切れする人も見かけます。
    意外に多いのが、「コンサルタントに言われた通り気乗りしないままターゲットを絞ってさらに苦戦する」というケースです。
    大切なのは、表面的な「差別化」ではありません
    「誰に、どんな価値を、どうやって提供するのか」という、ビジネスの土台の部分=コンセプトです。
    コンセプトが明確になると、あなたの発信にパワーが出てきます
    軸のあるメッセージに信頼感を抱く人が増え、見込み客の中で「あなただけのブランド」が出来上がっていきます。

     

  2. 売れる商品
    そもそも「商品」に魅力がなければ、十分な成果は出ません
    お客様に喜んでいただける商品だからこそ、売れるんです。
    ところが、「商品づくり」に悩む方は多いです。
    「継続コース」を作らねば!と奮起しても、どう作っていいかわからない場合が多いのです。
    ぜひ、お願いします!」とお客様に喜ばれる「継続コース」を設計するためには、
    お客様のお悩み事」から考えることが必須です。
    まずは、お客様に聞いてみる。
    ・・・・基本的なことだと頭で分かっていても、意外とココができていない方が多いのが実情です。

     

  3. 自分に合った集客導線

     

    「集客の仕組み化」という言葉もすっかりおなじみになりました。
    実際、あなたに興味のある見込み客を集め、関係性を築いてから販売する流れを作る必要があります。
    ところが、「仕組み化」しても、結局集客ばかりに追われてクタクタになっている人も少なくありません。
    例えば・・・。
    ・毎月低価格帯のセミナーや体験セッションを開催。その集客に大量の時間とエネルギーを費やしている

    ・セミナーセールスを習ったが、コンテンツに自信が持てず、また、そもそも人前で話すことが苦手でセミナーを開催できないなど。
    →  私はこのように、集客の負担が軽くならない現象を「仕組み化の罠」と呼んでいます。
    効果的な集客導線は、先にお話しした「コンセプト」や「商品設計」と密接に関わっています。

カリキュラムのご紹介

毎月1回のセミナーとコンサルティングをご提供します。

*進み方の一例*

 

❶【売れるコンセプトを発見し、定着する】

コンセプトがないまま発信を続けていても相手の心には刺さらず、モチベーションもあがりません。

キャリア・ジョセフィーヌオリジナルのテンプレートを使い、「やりたいこと」「強み」「市場」の3つの観点から、

あなたの存在が際立ち、あっさり選ばれるようになるコンセプトを見つけます。

自分のヒストリーを振り返るワークを行い、あなたの人生観や価値観、ミッションを探ります。

また、あなたの思いが伝わり、応援者やファンが生まれるストーリーを発掘します。

ブログタイトル、プロフィール、肩書きなど、見込み客のお客様の心をぎゅっとつかむ言葉で表していきます。

 

 

❷【 商品・サービスを設計する】
高額でも「ぜひお願いします」と言われる、魅力のあるあなただけのオリジナルサービスを設計します。

まずはあなたが最も貢献できるお客様を明らかにすること。

キャリア・ジョセフィーヌオリジナルのターゲット設定シートを活用し、お客様の心を深く深く掘っていきます。

現在の商品を見直す必要がない方は、あなたのキャッシュポイントを発見し、

新たな収益源なる「新商品」の構築サポートをします。

ニーズに合った商品をしっかり作ると、見込み客の反応が変わってきます。

 

 

❸【集客導線を構築する】

商品が決まれば、次は売り方です。

どんなに素晴らしい商品を持っていても、売らなければ人の役に立つことはできません。

でも、あおったり、ゴリゴリとセールスすることはしたくないですよね。

このプログラムでは、「どう売ったらいいかわからない」とお悩みの方も、

自然に売れるようになる集客導線を作っていきます。

基本的には、ブログ、メルマガを使って見込み客と出会い価値を提供して、関係性を築いていくことをおすすめしています。

見込み客」というのは、あなたの商品・サービスに関心を持ってくれている人のこと。

今すぐに買わなくても、タイミングが来たらあなたのサービスを一番に検討してくれる人のことです。

この見込み客がどれだけいて、どれだけ深い関係を持っているか。

ここで売れるかどうかが決まるんですね。

また、あなたのこれまでの販売動線を検証し、ボトルネックを解消していくことで一気に集客がラクになる可能性もあります。

セミナーや個別相談を実施していきたいあなたには、クロージング(成約)率を高める秘訣をお伝えします。

 

 

❹【ライティング習慣&ブラッシュアップ】

実際にこのような取り組みを通して、ライティング力を磨いていきましょう。

・メルマガ読者の増やし方を知る
効果的な告知の仕方(告知前・告知後、どんな投稿をすればよいか)
・本命商品のセールスレター作成(テンプレートに沿って、売れるレターを書きましょう)
・見込み客獲得のためのステップメール(読者が集まるステップメールに欠かせない要素とは?)
・仕事の依頼を呼び込むプロフィール(プロとして信頼される文章を掲載しましょう)

 

 

❺【モチベーション・マインド】
「発信が止まる」「セールスできない」といったお悩みは、

スキルよりもマインド面のブロックに原因があることが多いと感じています。

そこに寄り添えずに「やり方は教えましたよ」というコンサルタントもいますが、

私はマインド面のサポートがもとても大切だと思っています。

このプログラムでは、行動しようとすれば必ず起こる「心のブレーキ」についても一緒に向き合っていきます。

ブログもメルマガも、一朝一夕で成果が出るものではありません

成果が感じられるまで時間がかかる場合も多々あります。

無理にテンションを上げなくてもいいので(^ ^)、淡々と続けていきましょう。

私が全面的にサポートさせていただきます。

 

 

*上記は基本的な内容です。
完全個別対応のため、あなたの状況によって取り組む内容をオーダーメードでご提案させていただきます

 

 

数ヶ月後には、あなたのビジネスが変わるかもしれない。

 

キャリア・ジョセフィーヌなら、このようなものが手に入ります

  •  ①あなた独自の「売れる」コンセプト
  •  ②高くても実績がなくても、お客様から選ばれる独自商品
  •  ③ブログ、メルマガ、セールスレターなどあなたに合った「集客ツール」
  •  ④理想のお客様の心をつかむライティングスキル
  • ⑤自分らしいビジネスをするためのマーケティングスキル
  •  ⑥美しい起業家へと心が満たされるマインドセット

関優子が選ばれる理由

私の役割は、あなたを120%かっこよく表に出すことです。

あなた自身の「マイスタイル」を大事にするからこそ、お客様のことも尊重できる。

飾らずに正面から向き合って人の心を動かし、いつの間にか周囲を味方につけてしまう起業家「魂」を学んでみませんか?

 

特徴1 1000名以上の社長たちをサポートしてきた実績がたくさんあるから

  • わかりやすく丁寧に教えてくれるので、専門知識がない方や全くの初心者の方でも大丈夫!
  • あなたが何でつまづいて、何に困っているのかを起業家として経験してきた関優子だからこそ早く気がついて対応することができます。
  • 集客のツールや専門知識、それぞれの特徴役割をよく理解しているので、あなたのサービス内容や現状にピッタリ合わせたご提案をすることができます。

 

 

特徴2 同じ目線の同志のような存在だから深く理解してもらえる

  • お客様の声で一番多いのは、「今まで色々なコンサルや起業塾を受講してきたけれど、しっくりこなかった。けれども関先生は、ドンピシャ!最高です!」とのお声。
  • 関先生は惜しみなく情報を開示してくださるだけでなく、コンサルも遠慮がありません(笑)つまり知識と経験の出し惜しみをされません!さらにそのアドバイスが本質をついている。だからこれまでずーっと悩んでモヤモヤしていたことが、スッと腑に落ち、次のアクションにすんなり移すことができます。
  • コンサルを受けていて思うのは、先生は私たちのためだけではなく、関先生自身が楽しく夢中でコンサルしているな、ということです。なんか、途中から、クライエントのためだけではなく、「おっ!これ面白い。こうしたらこうなるかな?これって、こうだよね。」という感じで、ご自身の知的レベルの世界に突入していく。それを見るのはとても面白いし、自分のためだけに考え抜かれたアドバイスは「宝」になります。そのアドバイスは、神がかって病みつきになります。
  • また、支援実績が多く、他のビジネスをされている方の実例をうかがうことで、自分のビジネスを俯瞰できます。どうすれば良いか?どう悩めば良いか?どう解決すれば良いか?その疑問が、日々氷解していっています。方向性がしっかりとわかり、楽しいだけでなく、元気やる気をいつももらえるので、売上も順調に上がっていっています。
  • 子育て人生のライフステージを乗り越えてきた同じ女性だからこそ、包括的なキャリアを踏まえたヒントやアドバイスをもらえ、女性起業家から多くの支持をいただいております。

 

 

特徴3 国や行政とのつながりが信頼の証。実績多数。

(公益財団法人千葉市産業支援センター認定ベンチャー企業)
     (経済産業省女性起業家支援アドバイザー)

  • 右も左もわからず起業し、数々の乱気流にも遭遇しながら、安定飛行を経て上昇飛行を常に目指す関優子だからこそ、現実の生のヒントがちりばめられています。
  • 経済産業省の女性起業家支援事業などでも多くの登壇実績あり。

特に千葉県では、他の支援組織が公的な行政の中において、民間企業が選ばれているのは、株式会社キャリア・ジョセフィーヌだけ。

それだけ官公庁・行政からも信頼されている証です。

 

ありたいワタシは自分の中にある。

 

 

 

 女性起業塾個別相談会

起業初心者でも大丈夫!
実績もビジネス経験も知識もいりません。
「起業したい!」という気持ちがおありならお越し下さい。

好きや特技を活かし自分らしい働き方を見つけるヒントが満載!

  • 仕事や家庭のこと、自分らしく働くためのコツとは?
  • 女性ならではの視点や感性を活かした”私だからできること”とは?
  • 好きなこと、得意なこと、ずっと大切にしてきた夢を、”カタチ”に!
  • 起業でうまくいく人・いかない人の差

 

「私もできるかも!私も何かあたらしいことをやっみたくなった!」

 

少しでもそんな風に思ってもらえて、

一歩踏み出すきっかけやヒントにしてもらえば嬉しいです。

 

  • 趣味や資格を活かしてなにか新しいことをはじめたい方
  • 起業に興味がある方
  • 起業を考えていなくても働き方を模索している方
  • 起業の具体的なイメージが欲しい方は、お気軽にご参加ください。

 

 

▼場所
・株式会社キャリア・ジョセフィーヌ会議室
〒261-7102
千葉市美浜区中瀬2-6-1ワールドビジネスガーデンマリブウエストタワー2階
オフィスサービスUSP内
(JR海浜幕張駅徒歩2分)

 

 

▼参加費
・無料

 

 

まだ漠然とした起業に向けてモヤモヤしている方も、

何かしらのヒントをお持ち帰っていただけるような構成にしたいと考えています。

 

▼個別相談会ご参加特典

『起業準備チェックシート&女性起業ハンドブック(全22ページ)無料プレゼント

 

 

 

何かご質問やわからないことなどがございましたら、いつでもお気軽にご連絡くださいませ。

▼女性起業のヒントがいっぱい!

メルマガ登録は→こちら

 

 

世の中のすべての女性が自分らしく輝くチャンスをつかめるようにお手伝いしたい」
そんな思いを抱き、プロフェッショナルとして成功する女性を次々と輩出してきた
キャリア・ジョセフィーヌの「個別プロデュースプロジェクト」です。

Dream again.

Change Destiny.

 

 

 

【光文社CLASSY.2018年10月号掲載】

46歳。シングルマザーからベンチャー社長になった
 関優子の起業ストーリー。

 

ありたい姿に寄り添って夢を実現する

〜女性がより生きやすくなるために〜 

 

 

「女性が活躍する」ということに近年非常に注目が集まっています。

「女性が活躍する社会」 これを口で言うのは本当に簡単なのですが、

それは一体どういうことなのか、私の起業したヒストリーを少しだけお話しさせてください。 

 

 

日本航空 

私は、日本航空でフライトアテンダントをしておりました。

皆さんはフライトアテンダントという職業を聞いて、どのような世界をイメージされるでしょうか? 

まさに女性が活躍する職場ですから、「女性が社会で活躍する」お手本のような企業だと思っていました。

実際に日本航空に新入社員で入ってみて、本当に良い会社だと思いました。

しかし、結婚出産を経て、1年で職場に復帰してみると、事情が少し違うことに気が付いたんです。

例えば、ある夜、息子がぐったりしているので急いで熱を測ってみると、40度以上の高熱が出ていました。 

かかりつけの小児科ももうやっていない、ファミリーサポートさんにも連絡がつかない。救急夜間外来に駆けつけたいけれど、あと2時間後には乗務しなければならない、どうしようと。 

真っ先に思い浮かんだのは、仕事なんかほったらかして、子供のそばにいたいと思いました。 

けれども、ご経験がおありの方もいらっしゃると思いますが、実際に子供の病気を理由に仕事を休むのは本当に勇気がいることなんです。 

自分が休むことで周りの方々にも大きな迷惑をかけてしまう。

フライトアテンダントという仕事も誰かに代わってもらうことも容易ではありません。

 

結局この時は葛藤しながらも、なんとか、折り合いをつけてもらい

実家の母にお願い出来ましたが、フライトしていても息子のことばかりが頭をよぎります。

私はシングルマザーなので、息子がこんなにしんどそうにしているのに置いていく、

私はなんてダメな母親なんだろう。

自分への罪悪感があふれ、本当に心が引き裂かれる思いでした。 

そうしたことが重なって、居づらくなって辞めていく先輩方も見送ってきました。 

つまり、女性が活躍するその陰では目に見えない重圧ですとか、大きなプレッシャーと戦っている現状があるんだと思います。 

JALといういろいろな制度や施策が整っている企業であったとしても女性が自分らしく輝くということは、なかなか上手くいかない現状がそこにはありました。 

 

兄の死

仕事でも自分らしく輝けない中で、追い打ちをかけられるように、ある一本の電話が突然鳴ったんです。 

唯一の兄弟である兄が急遽入院することになったという父からの電話でした。 

父は電話口で泣いていました。 

 

兄は末期の悪性リンパ腫で、医師からは、「もう助からない」と言われました。 

私は、兄が大好きだったので・・・どうしても・・遠くへ行って欲しくなかった。 

そこで私は駆けつけた病院である1つの約束をしました。それは、「弱音を吐かず、最後まで頑張り抜くこと」というモノでした。この約束が、後に兄をすごく苦しめる結果となりました。 

 

兄の病状はドンドン悪化していくのですが、兄は約束を守って決して弱音を吐くことはありませんでした。 

それは兄として、私や家族を大切に想っての事だったのかもしれません。 

最期の時に消え入りそうな声で、「ごめんな。もうダメなんだ・・・・。」という一言を残して、兄は意識を失いました。

・・・・。

唯一の弱音はそれだけでした・・・。 

・・・・。

その様子を見て、私はハッとしました。 

なんてひどいことをしてしまったんだろう。 

兄は最後まで頑張り抜きました。 

 

だけれども、もしかしたら弱音だって吐きたかったのかもしれない。

厳しい投薬治療だってやりたくなかったのかもしれない。

もしかしたら私の為に頑張ってくれていただけなんじゃないか。

本当ならば、私が兄の心の中の声を聞いて、

兄がしてほしいこと、必要なことに耳を傾けなければならなかったのに、逆に兄に気を使わせてしまっていた。 

 

わたしはただ単に、自分のエゴを兄に押し付けていたんだと強く思いました。 

・・・・今でもすごく後悔しています。 

ですから私は決心したんです。 

自分の人生をかけて、誰かのために寄り添って生きたいと。 

相手の本当にしたいこと、ありたい状態それに寄り添って、そう出来るようにサポートしていきたい。

そう、思って日本航空をやめて、コンサルタントという道を選びました。

それからたくさんの方に出会って、いろんな方に寄り添ってサポートしてきました。

 

 

女性支援カウンセリング

 

その中でつい先日、非常に印象深い方のカウンセリングをさせていただきました。

最後にその女性の話を一つさせていただきたいと思っています。 

その方は、仮名ですけど加藤さんと言います。 

 

加藤さんは私のところに訪ねてこられて非常に緊張したご様子でした。 

そして私はいつものようにキャリアカウンセリングをし、その中で「何か夢はありますか?」と聞いたんです。 

そしたらどうなったかって言いますと・・・。

 

加藤さんは、「夢?私が夢を持ってもいいんですか?」と怒り始めたんです。

 

「いやいや怒らなくてもいいじゃないですか。あの、もし夢があればあのおっしゃってください。無ければ無かったでいいんです。それは、私が持て。とかこうであれということではないんで、もしなりたいことがあれば言ってください。」って言ったんです。 

 

でも彼女は頑なに「私が夢を持つなんて考えてることもないです」と怒ったままなんですね。

で私は、「まあまあ。そう言わずに。」と言いながらも一旦受け止めて、その日はそれで一通りお話をお伺いして帰って頂きました。

 

で、「まー。難しいな。キャリアカウンセリングは」と。
人様に気付きや何かこう希望を見出す促しというものが出来ればよかったんですけれど・・・。

 

きっと、加藤さんはもう私のところへはお越しになってはくださらないだろうと思って、

丁重にその後ろ姿を見送りました。

・・・・。

しばらくすると、その女性、なんと腑に落ちていなかったにもかかわらず2回目も訪ねて来られたんですね。 

で、彼女こう言うんです。 

 

「先生、私、あのまだ自分の夢を持っていいのかよく分からないんですけど、やりたいことがあります」 

「やりたいことって、何ですか?」とお伺いしたら、

「子どもたちと関わっていくそういう仕事がしたいんです。ま、仕事って言うと大げさかもしれないんですけれど、何かそういうことをちょっとでもやっていきたいと思っています」

 

「加藤さん、素晴らしいじゃないですか。例えばどんなことですか?」 

私はそのあと、方向性を一つずつ確かめる仕事をさせていただきました。 

 

その提案させていただいた一つに、幼児教育のボランティアというものがありました。 

最初は「私にできるかしら」とご不安もあったようですが、話をしているうちに挑戦してみたい!という思いに変わり、

そして彼女は今、非常に明るくて生き生きとされた様子で幼児教育のボランティアをされていらっしゃいます。 

 

最後に・・・。

 

私は最初にお話しさせていただきましたように仕事もプライベートも上手くいく事が出来ませんでした。

振り返ってみると、当時、私は本当に孤独でした。 

 

苦しくて もがいていたのにも関わらず、誰にも相談することが出来ずに、一人きりで必死に抱え込んでいました。 

もし、そんな時に誰かがそっと寄り添ってくれて、心の中の本当の声を聞いていてくれていたとしたら、加藤さんのように、自然と一歩ずつありたい姿に向かって進んでいくことが出来たんじゃないか、兄にも寄り添えたんじゃないか、と思うんです。 

 

「女性が社会で活躍しよう」とすると、目に見えない重圧やプレッシャーが少なからずのしかかってくる、ということも事実だと思います。 

それは男性女性どちらにもあると思うんですが、子育てなどの問題もあって、より女性の方がその重圧を強く感じてしまう傾向にある。そうすると本当に言いたい事を言えなくなって、やりたいこともやれなくなって諦めていってしまう。 そんなときに、声を出してもいいんだよ。誰かに寄り添ってもらうことで、社会の中でもう一度立ち上がろうと一歩踏み出すことが出来るんだと思うんです。 

 

そのためにはパートナーが必要で、それが私達コンサルタントなんだと思います。 

女性が社会で活躍する、その側には、よりたくさんのコンサルティングやご相談の機会が必要なんだと思います。

一人一人女性がどうありたいかっていうのは違うと思うんですけれど、そのありたい姿に寄り添って、夢を実現出来るを社会を作っていきたい。と私は思っています。 

 

そういうことを通して、

女性がより働きやすく。

そして女性だけではなく、全ての人が自分のやりたいこと、

そして加藤さんのようにありたいようになって明るく人生を生きられること、

そういうことを目指してみなさんと一緒に仕事ができたら、と思っています。

 

 

そんな素敵な明るい社会を作っていきましょう。